ゆるーく法律するブログ

本とか映画とか。基本的にネタばれはありません。

小説

となりの芝生が青かったころ

聞いたことのない著者だが、「想」さんの『となりの芝生が青かったころ』を読んだ。 タイトルに惹かれて買った。 序盤はそれなりに楽しめたものの、結局作者が何を書きたかったのか最後まで分からなかった。 二人の登場人物の人生が重ね合わせて語られている…

月に泳ぐイルカ・こんぺいとうの星降る夜

長谷川善哉さんのこんぺいとうの星降る夜を読んだ。 聞いたことがない作品、作家だったが、表紙に惹かれて読んだ。2つの短編小説が収録されている。 いずれも平易で言葉で書かれており、全体を通して静かな空気が流れているような感じで読みやすい。 分量も…