ゆるーく法律するブログ

本とか映画とか。基本的にネタばれはありません。

となりの芝生が青かったころ

聞いたことのない著者だが、「想」さんの『となりの芝生が青かったころ』を読んだ。

 

タイトルに惹かれて買った。
序盤はそれなりに楽しめたものの、結局作者が何を書きたかったのか最後まで分からなかった。
二人の登場人物の人生が重ね合わせて語られているが、あまりうまくリンクしておらず、設定も活かされていないように思う。
大変失礼ではあるが、構想がしっかりと練られてしないのではないか。

 

タイトルからは読後晴れやかな気持ちになることを期待したがもやもやしてしまった。

他の読者がどのような感想を持たれたのかレビュー等を読んでみたかったのだが、少し検索しただけでは見つけることができなかった。
もし読まれた方がいればぜひ感想を聞かせていただきたい。