読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるーく法律するブログ

本とか映画とか。基本的にネタばれはありません。

きみがいなくちゃだめなんだ

花澤香菜主演の実写映画。

花澤香菜のMVを手掛けるムラカミタツヤが監督で、脚本は「サンダンス・NHK 国際映像作家賞2009」にてグランプリを受賞した倉田健次が本作のために書きおろしたとのことだ。
絵本作家である楓アンというヒロインが、失踪した飼い猫ペローを探している際「ペローを蘇らせる代わりにこの世界から太陽を頂くよ。いいのかい?アン?」という謎のメッセージを見つけ、物語を追っていくというストーリー。


最後まで見てもこういうことでいいのか…?と少し把握しづらい内容ではあるが、絵も声も綺麗で楽しめる。
もともと子役をしていたそうだが、ヒロインを演じる花澤香菜、猫に声をあてて話す花澤香菜ナレーションの花澤香菜と、色々な演技や感情の声を楽しめる。
瞳が大きくて涙を流すシーンが美しかった。


初主演とのことで、登場シーンが多くたっぷりと魅力を味わえる。ファンはもちろん、そうでない方も花澤香菜の新しい魅力を発見できるように思う。


花澤香菜については、演技の幅やそのレベルの高さが評価されているが、個人的にはニセコイの小野寺小咲ちゃんや凪のあすからの向井戸まなかのような、純粋なヒロイン声が好きであるため、主題歌の「きみがいなくちゃだめなんだ」はとても好きな曲である。

 この曲自体もとても素敵なのであるが、この曲と関連として、ぐっとくる台詞やシーンがあり、自分のことを大切にしたいと思えた。