読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるーく法律するブログ

本とか映画とか。基本的にネタばれはありません。

ブログとは何か

読者にならせていただいているブログは1つしかなく、特定のブログを読み続けたりすることは少ないのだが、人気エントリーなどを見ていると素晴らしい文章に出会うことも多い。
今まであまり読んでいなかった分、ブログはすごいのだなと感心させられる。


ブログを読む習慣がなかった頃は、活字欲はほとんど読書で補っていた。
しかし、専門性のあるブログやセンスのあるブログを読むと、読書よりもいいと思えることがある。
その中でも、何か知識を得ることを目的としたブログよりは、特に内容はないけれど表現で魅せるという記事には唸らせられる。
声に出して笑ってしまったり、何度も読んだりする。
そうすると、下手にエッセイの文庫を買って試すよりも、無料で、いつでも手軽に読めるブログのほうが秀逸であるように感じられる。


読書は子供の頃から好きで、紙の本という文化自体も好きなのではあるが、あまり気に入らなかったエッセイが有料で、ブログが無料で読めてしまうことに少し疑問を感じたりする。
文庫本なんて古本屋へ行けば100円で買えてしまうのだが、お金を出してでも読みたいと思えることの意義は大きいように思う。

noteというサービスが流行しているようで、誰でも簡単に有料の記事が書けるという時代になったが、それに象徴されるように出版等のあり方もどんどん変わっていくのだろうなぁと思うと感慨深い。

ブログそのものが衰退するのは当分先であろうが、ブログ固有の意義を捉えることは難しいようにも思う。