読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるーく法律するブログ

本とか映画とか。基本的にネタばれはありません。

法務部員のための契約実務共有化マニュアル

法律系書籍

企業の法務部における契約実務に役立つ情報が集約されている書籍だ。

契約の必要性から始まり、成立条件や具体的な契約書の内容、条項例まで、一通りのことが書かれている。

法律について学んだことがないにもかかわらず法務部に配属されてしまったという方はもちろん、法学部出身の者でも契約審査等の実務に初めて携わるにあたって、非常に参考になると思われる。とりあえず一冊読む本として適しているだろう。

 

まったく法律に縁がない事業部の方からすれば、なぜいちいち契約書を作成しなければならないのかという思いを持たれる場合もあるが、その必要性からきちんとフォローされているところは実際に反発を持たれてしまった際に参考になる。また、売買契約については売主側と買主側を区別して整理しているところも、初学者にとっては分かりやすいだろう。

 

初めて法律関係の書籍を読む方でもわかりやすいよう非常に丁寧に書かれているが、この本の内容さえ知っていればすべての業務を行えるというわけではもちろんない。どのような条項例であっても言えることであるが、つねにこの形がベストというものがあるわけではないため、契約内容や事業内容によって工夫する必要はあり、絶対視することは危険である。また、入門的な内容であるため、ある程度契約審査等に慣れている方や、専門家にとってはそれほど役に立たないと感じるかもしれない。

 法務部員向けの書籍で、内容が比較的新しく読みやすいものはそれほど見当たらないのであるが、より詳しく学ぶとするならば、著者の一人である河村寛治先生のこちらを使うという手もある。内容としては重複する面も多く、上記の書籍よりは遥かに重いため、読み進めるのが大変だと感じる方はとりあえず上記のもので済ませてもよいだろう。